NHKは受信料を支払うのはテレビや衛星放送などこの様な所しか支払われなかった。
所が携帯電話にあったワンセグに支払いをする義務があるのかと話題になった。

この様な事が密かに裁判になっていたと言いますがその判決が出たと言う。
ワンセグ機能がある携帯電話には「支払う義務はない」と判断された。

しかし、この様な判決の内容に反論したのか総省大臣だった。
受信施設があるのに設置の意味は「使用が出来る状態に置く事」と規定していた。

携帯電話のワンセグ付は対象となっていたと言う事なる。

これも支払う義務はあると思っている人もいますが裁判では「義務はない」と下したと言う。
本当に利用していたのかこれも調査に入ってないと思う所もある。

民放もワンセグしていたと言うがここは無料でしていたので気軽に見ていたと思っている所もある。
今回の裁判になった支払いはどうなのか疑問視する事もあったと言う事なる。

この様な裁判を不服をしているNHKは控訴をする事になるそうでまだまだ終わらい戦いだと思っている。
ワンセグも今の時代にはない様な事だと言うが地上デジタル放送になってからはこの役目が終わっている。

数年前まであったのでこの様な事があれば支払う事があったかも知れなったかも言う事になる。
どうなってしまうのか今から注目だと思っているのです。