今年はリオデジャネイロパラリンピックが開幕しましたがこれに出場できない国がありましたね。
それがロシアと言うがオリンピック同様ですがドーピング疑惑で出場が認められないと言う。

これは先だって行ったリオ五輪では陸上競技など出場が認められなかった。
他の競技でも認めるのかどうなのか各競技団体に判断にしたと言う。

しかし、パラリンピックのすべての種目にはロシアには出場は認められてない。
そこでロシアは陸上競技と同様にスポーツ仲裁裁判所に訴えたのです。

ここでは両方の意見を話して裁判の判決を下すという事になるる

裁判が下したのがすべて「却下」したと言う。
これは他の人がドーピングをした事で認められた事で判断をしたと言う事になる。

オリンピックでは陸上競技などこの様な人がいた事で出場は認められなかった。
しかし、パラリンピックではすべての競技が出場が出来ない事でオリンピック以上に厳しくしたという事になるのです。

ロシア側は今回の事は批判を呼んでいると言うがこれも世界からドーピングをなくそうとしているので受け入れないと思っている。
障碍者にも薬で強くなってメダル獲得をしようと思っている人もいますがそのような事はしない方がいいと思っている。

こうした組織がある限り撲滅を目指し続けているのです。